国土交通省スマートシティモデル事業「先行モデルプロジェクト」キックオフ

報道関係者各位

 

プレスリリース
2019年6⽉14⽇
⼀般社団法⼈益⽥サイバースマートシティ創造協議会

 

⼀般社団法⼈益⽥サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC)
〜スマートシティの標準仕様をテストベッドの地、益⽥市から世界へ〜
国土交通省スマートシティモデル事業「先行モデルプロジェクト」キックオフ

「⽇本初」⺠間主導の⾃治体連携によるスマートシティ構想と官⺠連携のIoT(Internet of Things)データ利活⽤を推進する「⼀般社団法⼈益⽥サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC:Masuda Cyber Smart City Creative Consortium、所在地:島根県益⽥市内、代表理事:⼜賀 善茅、以下MCSCC)が2018年10⽉29⽇に設⽴し、益田スマートシティ・プロジェクトを進めております。

MCSCC のスマートシティ構想は、地⽅都市である益⽥市をテストベッドにします。この地で、未来型エコシステムに関する研究開発を進めることでデジタル・トランスフォーメーションを実現し、環境、防災、ウェルネス、財政、社会インフラ、⾃治体、⽇本国などが抱える課題をIoT技術で解決するサイバー・フィジカル・システム(CPS:Cyber PhysicalSystem)社会の実現を目指しています。
この度、MCSCCが提案した事業は、令和元年5月31日に発表の国土交通省スマートシティモデル事業において「先行モデルプロジェクト」として採択されました。
この事業の実施にあたり、キックオフイベントを下記のとおり実施しますので、取材方よろしくお願いいたします。

 

1.実施日時  令和元年6月19日(水)16:00~16:30

2.実施場所  益田市立保健センター大ホール(益田市駅前町17-1EAGAビル3階)

3.出席者合計 約30名 MCSCC、益田市

4.キックオフイベント内容

  • MCSCC 代表理事、益田市長挨拶
  • 事業概要説明
  • インタビュー、質疑応答  ※撮影会あり

5.採択事業概要    国土交通省ホームページをご参照ください。

https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi07_hh_000139.html

6.主催者及び連絡先  MCSCC 東京キャンパス事務局 広報担当:小出

電話番号:03-6459-1995 FAX:03-6459-1996
E-mail: contact@masuda-cybersmartcity.jp
詳しくはホームページhttps://masuda-cybersmartcity.jp/

敬称略
【後列】左から:加戸(益田市建設部長),稲田(益田市産業経済部長),
岡村(MCSCC客員研究員),高松(MCSCC客員研究員),末松(末松電子製作所代表取締役社長)
【前列】左から:豊崎(MCSCC専務理事),山本(益田市長),
又賀(MCSCC代表理事),三輪(MCSCC専務理事)

メディア掲載
益田市、先行モデルに 国交省選定 IoT活用街づくり深化 /島根 (2019年6月25日)毎日新聞

国土交通省プロジェクト益田キックオフ(2019/9/3)