ASEAN Smart Cities Network High Level Meeting in Yokohama

ASEANと日本が協力してASEANスマートシティ・ネットワーク(ASCN)の各都市におけるスマートシティを推進するため、ASEAN側のニーズや日本側のノウハウ・技術を共有するとともに、官民のマッチングの場を提供することを目的として、日ASEANスマートシティ・ネットワーク・ハイレベル会合が開催されました。

2019年10月8日MCSCC専務理事と益田市建設部下水課課長が水・防災テーマで講演致しました。

分野分科会① 水・防災
モデレーター: 小野裕一(東北大学災害科学国際研究所教授)

日本側プレゼンテーター:
益田市/一般社団法人益田スマートシティ創造協議会(簡易水位計)
横浜市(下水道ソリューション)
パシフィックコンサルタンツ(3L危機管理型水位計)
富士通(防災情報システム等)

ASEAN側プレゼンテーター:
ヤンゴン(ミャンマー): 水防災を踏まえた土地利用規制など
バッタンバン(カンボジア): 汚水対策など
バンダルスリブガワン(ブルネイ): 汚水対策、河川再生など
クチン(マレーシア): 水防災の管理・対応システムなど



ASEAN Smart Cities Network High Level Meeting in Yokohama