スマート農業のプロジェクト準備に向けて

MarketsandMarkets社によれば、世界スマート農業市場は、2020年の138億米ドルから2025年には220億米ドルに達し、年平均成長率(CAGR)9.8%で成長すると予測されています。
この市場の成長は、地球規模の温暖化による自然災害(バッタなど大量発生含む)や急速な人口増加による食糧供給システムへの圧力の高まり、農場における最新技術の採用、所得水準の上昇とタンパク質を豊富に含むアクアフードへの需要、農家の家畜モニタリングや病気の検出への注目度の高まり、家畜モニタリング製品の採用による管理コストの削減などの要因によって牽引されています。
また、農場の収獲量の改善、家畜モニタリング、養殖場におけるIoTやAIなどの先端技術の採用が急増していることも、スマート農業市場の成長を後押ししています。

2020年世界スマート農業市場では、IoT化したハードウェア分野が最大のシェアを占めると予測されています。
最新のスマート農業機器の採用が拡大していることが、市場で使われるハードウェアの成長を牽引すると予測されます。
GPS・GNSS受信機、灌漑コントローラー、誘導・操向システムなどで進む自動化・制御システムのIoT普及により、農業実践に新たなアプローチが生まれ、市場の成長を後押ししています。

農業の効率性と生産性への注目が高まっており、2019年のスマート農業市場(農業タイプ別)では、精密農業が最大シェアとなる46%を占めました。
精密農業ツールの導入は、従来の農業活動をより効率的かつ予測可能なものにし、農業の概念を良い方向に変える可能性を秘めています。
誘導技術、リモートセンシング、スマートセンサー、ドローン、可変速度技術(VRT)、AI画像解析などの精密農業技術により、土壌や作物の病虫害予防(予知)も含む効果的な管理が可能になりました。
これらの技術は、現場での機器やデバイスと組み合わせて、ガイダンスやナビゲーションのアプリケーションに利用されています。

精密農業ツールは、収量監視アプリケーションで広く使用されており、このアプリケーションは、2019年に最大の市場シェアを占めました。
農家の間では、限られた資源の中で最適な作物生産を行う必要性が高まっているため、収量監視アプリケーションとしての精密農業ツール利用は絶大な人気を集めています。
飼料管理アプリケーションは、自動給餌システムや乾式給餌システムの需要が増加していることから、家畜モニタリング市場を支配すると予測されています。

北米は、世界のスマート農業市場で最大のシェアを占めています。
既に、この地域の大規模農家が先進技術を利用して作物の生産量を飛躍的に伸ばし、作物管理を改善していることに起因しています。
米国やカナダでは、スマート農業技術をいち早く導入しており、北米市場の成長に貢献しています。
日本は高齢化社会に対応した新たなスマート農業の在り方をこれから模索し、高齢化社会でのスマート農業の牽引国として大いに期待出来ます。

MCSCC豊崎・橋本両代表が岡山中国四国農政局の長野参事官、都築参事官を表敬訪問(2020/7/27)
※志知農政局次長にも表敬訪問しました。

島根県農業協同組合西岩見地区本部常務理事、益田市議会議員とMCSCC両代表が表敬訪問(2020/10/13)

農林水産省九州農政局長とMCSCC共同代表・専務理事・理事とスマート農業に関して協議(2020/10/21)

農林水産省九州農政局経営・事業支援部 地方参事官とMCSCC共同代表・専務理事・理事とスマート農業に関して協議(2020/10/21)