乳幼児見守り(スマート保育)

日本国の少子化という社会問題が加速している中、睡眠中の乳幼児が何の予兆や既往歴もないまま死に至ってしまう原因不明の病気である乳幼児突然死症候群(SIDS)です。
平成28(2016)年には、平成27(2015)年より13人多い109人の赤ちゃんがSIDSで亡くなり、乳児期の死亡原因の第3位です。
冬季に発症する傾向が高いことから、厚生労働省では平成11(1999)年度より毎年11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間としている。
SIDSによる死亡者数は当時に比べて年々右肩下がりに減少しているものの、SIDSに対する社会的な関心を高めるため、SIDSの発症率を低くするポイントなどの重点的な普及活動を実施している。
SIDSの予防法は確立されておらず、厚生労働省では全国的に注意を呼びかけています。
保育所での「午睡チェック」はお昼寝の時間に、父兄への連絡帳や事務仕事をこなす保育士たちが、別作業をしていても睡眠中の乳幼児の状況を確認し通知できるIoTテクノロジーを益田スマートシティプロジェクトのスマート保育でプロジェクト・インします。
このソリューション「うつ伏せ寝」や「体動停止」しているとすぐスマートフォンやタブレットにアラートが鳴る仕組みで、益田市医師会連携でのプログラムとなります。