益田市防災情報4Dプラットフォーム構築事業

【ワーキンググループ】

参画企業は後日公表

オープンデータ活用型防災IoT
水路モニタリングシステム開発・試験運用(フェーズ1・2)→あらゆる防災情報一元管理(フェーズ3)
・「現在・過去・未来あらゆる防災情報を3D地図上で一元管理」×「Web上でリアルタイム確認」
・「過去の防災情報」 ハザードマップ、災害碑、被害実績、計測データなど
「現在の防災情報」 水路他モニタリング結果、Webカメラ画像、雨量データなど
「将来の防災情報」 AI被災予測結果、最適避難誘導経路など(検討中)

フェーズ1・2 簡易水位氾濫システム効果
・「評価の高度化・自動化・省力化」→ 「益田市民への素早い対応・指示」×「職員の負担軽減」
・データ一元管理による的確な水路水量コントロール
・取得データをハザードマップや都市開発へ利活用

フェーズ3 防災情報4Dプラットフォーム構築
・通常時 想定される被災状況を「見える化」×防災教育、避難誘導検討などで利活用
・被災時 実際の被災状況を「見える化」×変わりゆく現況を「見守る化」
・被災後 実績を地図上でデータベース化、防災対応の継続的改善

将来に向けて フェーズ4~ AI自動評価、Society5.0対応
・「気象状況」×「モニタリング結果」×「水害・土砂災害実績」などの因果関係をAIが学習
・ハザードマップの継続的改善×各種AI自動評価システムの構築
・防災管理だけでなく、インフラ、福祉などを含めた行政管理全体のプラットフォームへの改善