AIソリューションの活用

IDC Japanによれば、国内AI(人工知能)システム市場について、2024年までの予測を発表した。
2019~2024年の年間平均成長率は33.4%で推移し、2024年には3458億8600万円になると予測している。
2019年の市場規模は、エンドユーザー支出額ベースで818億4400万円、前年比成長率は56.0%となった。
分野別では、AIシステム市場のうち57.0%を占めるサービス市場が、前年比59.5%増加したことが主な要因となっている。
これは、多くの企業でAIの実証実験や実システムへの展開が進んだためと分析する。
AIの活用によって、企業内外におけるビジネスと付随するプロセス変革、業務の自動化がさらに進むことで、今後もAIシステム市場は拡大を続けると分析している。
ただし、AIの限定的導入や、AI人材の慢性的な不足という長期的な課題に対して多面的に対処する必要があると指摘する。

プロジェクト: スマート道路モニタリング

MCSCC客員研究員が第9回ニッポン・ハイテク再成長させる会スマートシティシンポジウム講演でスマート道路モニタリングのAI技術を講演(2019/11/6)

MCSCC客員研究員がMCSCC第2回Smartcity Technologyフォーラム@品川でスマート道路モニタリングのAI技術を講演(2019/7/3)

MCSCC客員研究員が熊本県八代市長へのスマート道路モニタリングシステムのAI技術を説明(2019/11/22)

MCSCC専務理事が電子情報通信学会でAI基調講演
第6回International Symposium on Socionetwork Strategies in the Market of Data@島根(2020/2/14)