RPA

矢野経済研究所は調査結果よれば、2018年度の国内RPA(ロボットによる業務自動化)市場規模は、2017年度比134.8%増の418億円に達すると予測されています。
カテゴリ別では、RPAツール(ソフトウェア)製品は2017年度比164.7%増の135億円(構成比32.3%)、RPA関連サービスは2017年度比122.8%増の283億円(構成比67.7%)を見込まれています。
2022年度の国内RPA市場規模は2017年度比で約4.5倍の802億7000万円まで拡大すると予測し、カテゴリ別では、RPAツール製品が170億2000万円(構成比21.2%)、RPA関連サービスは632億5000万円(構成比78.8%)に成長するとしている。
今後、RPAは自治体での採用が増加し、業務効率化が図られる事になります。